高知でネイリいうたらカンパチの子。こじゃんと引いて、面白い。

 10月に入ったら、赤岡から安芸の沖にかけて、ぎょうさんの船がお客を乗せて、毎日毎日ネイリを釣らせゆう。昔から、ネイリの船釣り言うたら、シラスをカゴに詰めて、カブラにかかった生き鯵で泳がせ釣りいうがが普通やった。これを誰がやり出いたか、魚探見もってジグで釣るがが流行って来て、今はジグしゃくりよっても、誰っちゃあ不思議がらんなってしもうた。

 ここらあで釣れるがは1〜2キロのサイズが主や。スピニングでも、ベイトでもえいきん、PE1.5〜2号でやってみい。こまい仕掛けでどれっぱあやれるか、竿を折れそうなばあ曲げて「ひー」いうて見いや。ライトタックルの面白さを覚えたら、おまんの釣りの幅が広がると思うけんど、どうじゃお? けんど甘う見たらいかん。時々は根に突っ込んでラインを引きちぎっていく5キロばあの大物もおるきん、気を抜いたらいかんぜよ。

 さてそういう群れのネイリは10月から12月の末までがシーズンじゃけんど、最近はシイラの帰りにネイリやらしていうアングラーが増えたきん、だめもとでえいかよ?いうて試してみゆう。春先、真夏、必ず釣れるたあ限らんけんど、たまに、回遊しゆう群れに当たることがある。秋の群れより体格がえい。けんど、当たるかどうかは分からんぜよ、それとおまんの腕次第いうことよう覚えちょき。

 水深は20〜80m。ジグはそれに合うた重さを持ってきい。色は何色がいいですか?いうて聞くがはまだまだ素人ぜよ。昨日良かったジグが今日もえいたあ、限らん。天気潮色水温時間、全部計算して周りの人が使いゆうがあ観察して、おまんの腕で当たりルアーを発見してみいよ。

  あしは、高知沖〜芸西沖のポイントを中心に、12月下旬まではジギングのお客さん乗せて回りゆうがよ。